歯周病 全身疾患 関係

歯周病は全身疾患にも関係する

歯周病は、病名からみても、歯や歯ぐきに異常があるだけで、
体への影響なんてないように思います。

 

ですが、本当は歯周病菌が体の中に侵入することで、
その他の臓器へも色々な悪影響を及ぼすのです。

 

歯周病菌が要因で発症する疾患は、
数種類挙げられており、肺炎や気管支炎もそうです。

 

菌が肺、気管に侵入することがその要因ですが、
中でも注意しなければいけないと言われているのがお年寄りです。

 

高齢になったら色んな場所の筋肉が衰えてきますが、
ものを飲み込む時に使う筋肉もレアケースではありません。

 

食道に入るはずの唾液が気管支に入ってしまうことがあり、
この際、唾液に歯周病菌が入っていると、
肺炎や気管支炎を発症させてしまいます。

 

寝たきり状態の高齢者の方は、さらに危険度が増すため、
口腔疾患の有る無しに関係なく、いつもお手入れをして、
口の中を清潔に保つことが大事です。

 

また、歯周病は心筋梗塞にもなるリスクありと言われています。

 

心筋梗塞になった患者を調査してみると、
口中トラブルを持っている人が多く、データをとると、
歯周病の患者さんが心臓疾患になる危険性は、
健康的な人の大体2〜3倍も多いことがわかったのです。

 

菌が血液中に入ってしまい、血管を通り、
心臓へつながっている血管の壁に付いて、
血管を細めたり閉塞してしまったりという異常をもたらすのです。

 

実際に、歯周病の要因になる菌と思われているものが、
心筋梗塞の病巣で見つかったという報告があります。

 

このような病気を見てもわかるように、
口の中を健全な状態にキープすることは、
体全体の健康を保つことに関係することを、
常日頃から考えておきたいものです。