歯周病の症状 歯周ポケット 深さ

歯周病の症状は歯周ポケットの深さで変わる

歯周ポケットの深さは、歯周病の進み具合を
診断するひとつの判断材料となります。

 

健全な状態の時は、歯と歯ぐきが離れていないので、
歯周ポケットがあったとしても1〜2ミリくらいのものです。
ですから、歯周ポケットとは言わず、歯周溝と言うこともあります。

 

ですが、歯周病が進行していくと、
歯と歯ぐきの間が少し間ができで、
歯周ポケットが深くなっていくのです。

 

歯医者さんに行くと、ポケット深針と呼ばれる
専用の器具で歯周ポケットの深さを確認します。
歯周ポケットの深さは歯によって違うため、数本の歯で計測します。

 

深さが2ミリ以下の時は、
先に書いたように健康な状態と言えます。

 

歯周ポケットができていたとしても、
5ミリ以下の歯肉炎状態だと歯周病にしては
まだ初期段階なので、早期の治療で完全治癒も可能です。

 

但し、5ミリ以上のポケットになると、
自分では丁寧に歯をみがいているつもりでも、歯垢が残りやすく、
歯石に変わっていることも多いので、治療するにも時間が必要です。

 

歯周ポケットが深くなって、
いつも歯垢が残っているようになると、歯ぐきが腫れやすい、
膿が溜まるなどの症状がでることもあります。

 

この場合は歯周病が進み、状態が重度になると、
歯を残しながら治療するのも難しくなります。

 

こんなふうに、歯周病の進み具合と、
歯周ポケットの深さとは大きい関連性があります。

 

しかし、歯周ポケットがまだ浅いから大丈夫とは、
簡単には言い切れません。個人個人で差があるので、
例え深さがなくても歯周病が進んでいる場合もあります。