歯周病 歯周ポケット

歯周病をもたらす歯周ポケットとは?

歯周病は、歯垢が蓄積されることで発症しますが、
口の中は歯垢が蓄積しやすいスポットというものが複数あります。
そのうちのひとつが「歯周ポケット」と言われるものです。

 

歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの間の溝のことを言います。
健全な時の歯周ポケットは、
キッチリと歯と歯ぐきが引っついているので浅い状態です。

 

ですから、歯みがきを丁寧にしていさえすれば、
歯垢が残った状態のままにならず、歯周病にもかかりません。

 

けれども、歯周病を患うと、
歯ぐきが腫れてしまうので、歯との間にすき間ができて、
歯周ポケットが徐々に顕著になってしまいます。

 

歯周ポケットが深いと、
歯を前や後ろにゆらしてみるとぐらついたりします。

 

さらに歯ぐきの根元の通常は見えないところが出てくるので、
そこにショックや食事での負荷がかかりやすくなります。

 

そして温度が高いものや冷えたものがしみる、
痛むなどという知覚過敏になることだってあります。
しかも、歯垢は時間が経過すると強力な臭いがするようになります。

 

歯周病の独特の症状のひとつでもある口臭は、
歯周ポケットが深くなることで、
歯垢が残りやすいことにも原因があります。

 

症状が進んで深くなってしまった歯周ポケットを、
そのままにしておくと、歯垢が蓄積しやすいので、
菌も繁殖しやすい環境になり、歯周病をますます悪くさせます。

 

歯医者さん通うだけでは、歯周病を治すことは難しいです。
治療をしながら、自宅でのお手入れも、
しっかりと行うことが大事なんです。

 

当然、歯医者さんに通うことは一番必要なことですが、
歯みがきを正しく行うことで、
お口の衛生をキープすることが治療成果を向上させます。