歯周病の進行 歯肉炎

歯周病の進行について −歯肉炎−

歯周病は、かかっていることがわからないうちに、
症状が進む怖い病のひとつです。

 

歯周病にかかると、
歯や周辺の大事な組織にもダメージがあり、
不快感を感じるさまざまな症状が出てきます。

 

しかも、進行していくほど苦しみやリスクが増えて、
完治も困難になるので、早期の治療が必須です。
歯周病の、初期症状として最初に「歯肉炎」が出てきます。

 

歯肉炎とは、歯垢や歯石などが溜まることが要因で、
歯周病菌が発生し、歯ぐきの腫れや、
出血という症状が出てくるものです。

 

歯肉炎は、歯ぐきの見える部分が、
ちょっと侵されているのみなので、歯槽骨や歯根膜のように
歯周組織には影響が出てないので、それほど不快な感じはしません。

 

主症状は、歯磨きや食事の際に血が出たり、
歯茎が腫れているというものです。

 

ですが、痛みが出るようなものでもなく、
腫れるとは言え全部に腫れが出るわけではなく、
歯間に少し盛り上がりが見られるくらいで、
鏡でじっくり見ないと判断できないくらいです。

 

そこまで辛くないので深刻な病気ととらえられにくく、
歯肉炎の状態で歯科医を受診する人は少数派のようです。

 

ですが、実はこの歯肉炎の時に、治療を開始することが、
歯周病治療では大変大事なのです。

 

歯周病にかかってからでは治療が難しくなり、
ひどくなると歯を抜かなければいけないことになってしまいます。

 

しかし、歯肉炎の状態での治療であれば、
さほど苦労することなく、治すことが可能です。

 

他の病気でも同じことですが、
症状が進まない間に早めに見つけ、
治療をはじめることが大事だと言えるでしょう。