歯周病の症状 歯茎

歯周病の症状とは −歯茎について−

歯周病のせいで現れる症状は色々なことがあります。
最初に、歯ぐきが薄くなり、歯が長く見える気がすることがあります。

 

これは、歯周菌が歯ぐきや組織を溶解し、
歯ぐきが痩せるために、なんだか歯が長くなったように見えるのです。

 

鏡で確認すればわかることなので、歯周病かも?
と感じるその他の症状が見られる場合には、
確かめてみれば良いでしょう。

 

まれに前歯が長くなることによって、
出っ歯に思われてしまうこともあります。

 

また、歯ぐきが腫れて、歯磨きの時や食事の際に出血したり、
なぜだかちょっとかゆいように感じることもありますが、
このような症状は、歯周病の最たる症状と言えます。

 

ずいぶん前に「りんごを食べると血が出ませんか」という
コマーシャルがありましたが、まさしくこの状態のことです。

 

歯周病になってしまうと歯ぐきが過敏になって、
ふとした刺激でも血が出てしまうのです。

 

また、歯ぐきが腫れると同時に痛いと感じたり、
不快感が出てくるのもひとつの症状です。

 

指で歯茎を触ると、引き締まったようではなく、
ぶよぶよとするのが特徴的です。
それ以外の症状は、歯ぐきが変色したり、膿んでしまうこともあります。

 

歯ぐきが健康なら、よどみのないピンク色なのですが、
うっ血感のある赤や紫色になっているなら要注意です。

 

このような症状が1つでもあるなら、
歯周病にかかっているリスクが相当高いと考えていいでしょう。
普段、歯科医にかかる機会がない方は、特に気をつけて下さい。

 

虫歯や症状が出ていなくても、
周期的に検診をしてもらうことをオススメします。