歯周病 症状

歯周病の症状とは −お口周りと歯について−

歯や歯ぐきは目で確認できる部分なので、
歯周病を早期発見できると考えがちですが、
初期では目に見えるような症状がなく、見つけにくい病気です。

 

けれども、歯周病は症状が重くなるほど、
治すことが難しくなるため、早く発見することが大事なのです。

 

気が付いた時には、かなり症状が重くなっており、
歯を失くす羽目になった…といったことがないように、
毎日できるだけ頻繁に確かめましょう。

 

歯周病の症状があるかどうかを
確認する項目は、以下のようなことです。

 

最初に、起床した時に口内が、
ネバネバしていないかどうかということです。

 

就寝中は唾液の分泌が減るので、
歯周病菌が増えやすくなるため、ネバネバ感があるのです。

 

口臭も大事な確認ポイントです。
口臭は自分自身ではあまり気付かず、
周りの人も指摘しにくいものです。

 

歯周病は、とてもキツい臭いがするのが特徴なので、
家族など本当のことを言ってくれる人に聞いてみましょう。

 

次に、歯がグラグラしていないかもチェックしましょう。
乳歯が生えかわる時みたいな歯のグラつきは要注意。

 

正常な歯でも多少は動くのですが、
少し押しただけでも動いてしまう場合には、
歯周組織が、とても弱っている可能性があります。

 

硬い食べ物が食べにくいと感じるのも危険信号です。
歯を支えている歯周組織が病原菌で溶かされた状態で、
硬めのものを食べると、歯への負担が大きくなり痛いと感じてしまいます。

 

また、食べ物が歯にはさまる、歯と歯のすき間が広がった、
歯並びが悪くなってきたという時も、
歯周組織が菌に侵されている可能性が考えられます。

 

以上の症状の中で、1つでも思い浮かぶ事があるならば、
歯周病の可能性が大きいでしょう。