歯周病 予防

歯周病の予防には歯のことを知ることから

歯周病の予防と治療は、
歯と歯ぐきの組織や、構造等の知識があると、
正常な時との相違を認識できるので、取組みやすいでしょう。

 

歯や歯ぐきの組織は歯周組織と言われ、
歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨の4つの組織で成り立っています。

 

この4つの組織が正しく役目を果していれば、
歯を守るという役割をキッチリと果たしてくれます。

 

だけど、歯周病にかかると、歯を支えることや
守るための組織が壊されてしまい、歯周病の病原菌が
侵入することで、歯を支えられなくなります。

 

このまま症状が進むと、歯が抜けるという
とても怖い状態になってしまうのです。

 

それでは、歯周組織と言われる4つの組織が、
おのおのどんな働きを担っているのかみてみましょう。

 

歯肉は一般に歯ぐきと言われている
ピンク色の粘膜の部分で、中には歯槽骨が存在します。
歯肉が歯周病になると、色がピンクから赤や紫に変わります。

 

歯根膜は、歯と骨を結びつけている繊維状の組織。
日常で、硬いものを口にしても歯ぐきが痛まないのは、
歯根膜が骨に直接力がかからないよう守っているからです。

 

歯周病にかかると、歯根膜は溶け、
通常は外に露出していない部分の歯が出てしまいます。

 

また、歯根膜と歯肉でカバーされているのが歯槽骨です。
歯槽骨は歯の基盤部分となる骨です。

 

歯周病にかかると他の部分と同じ様に溶けるので、
歯がグラグラとした状態になります。

 

セメント質は上記3つの組織に比べて、
薄い組織になりますが、歯の基礎部分を守る重要な組織です。