歯周病 ガン 発症

歯周病でガンが発症する!?

歯周病は予想外の重病を発症する
要因になると言われていますが、
ガンさえももたらすリスクがあるとも言われています。

 

発症のリスクがあると思われているのは、食道ガンです。

 

病原菌は、唾液や食物などと同時に体の中に
入りこんでしまうことがあることは知られていましたが、
ガンをもたらすほどの危険性があるとは予測されていませんでした。

 

けれども、某研究所が、
食道ガンの病巣にある細胞を取って検査した結果、
歯周病菌のひとつの菌が見つかる確率大であることがわかりました。

 

ガン細胞で見られる歯周病菌は、
いくつかあるのではないかと思われていました。

 

そこで、20人の食道ガンの患者さんの細胞を培養し、
大体2,000の検体ほどにして調査した結果、
3割を越える確率で発見されたのが、
トレポネーラ・デンティコーラという歯周病菌でした。

 

トレポネーラ・デンティコーラが、
直接的に食道ガンの原因になるかどうかは、
はっきりとわかっていませんが、食道の粘膜が炎症を起こして、
DNAを損傷させてガンができるのでは?と思われています。

 

このようなことから、
歯周病がいかに多大なリスクがあるかがよくわかります。

 

けれども、とらえ方を変えると、ちゃんと口内ケアをし、
歯周病を予防することが、ガンのみならず、他の多くの病気を
引き起こす確率を低下させることに関係するともいえるのです。

 

食生活に気を付けるなど、
健康的な生活をしていたとしても、口中環境が良くなければ、
病気を発症する危険性を高くしてしまうのです。

 

虫歯の予防と比べて、歯周病に対しては、
まだ意識が低いのが現実ですが、多岐にわたる
研究の結果などから、ちょっとずつ関心度が高くなっています。